TULIP EN MENSEN

TULIP EN MENSEN ...

新潟県の産地と関わりながら工場の強みを活かし産地の活性化と商品開発に取り組む。
ブランド名は新潟とオランダはチューリップの産地という関係からオランダ語から名付けてある。
TULIPの花言葉は「思いやり」。ENは「縁」と「〜と(and)」の意味をもつ。
布を織る人、革を鞣す人、加工を施す人、縫う人、販売する人、購入する人など、 人と人をつなぐ言葉である。
MENSENは私たち「人々」という意味を持っている。
地域で共存する人々の思いやりが感じ取れるようなもの作りを目指している。


コンセプトは「思いのある普段着」
長く気持ちよくお使いいただき、楽しみ健やかな心で日々を過ごすことを提案する。


横山 英也 / yokoyama hideya (designer)

1991年新潟県生まれ。
専門学校を卒業後に熱海でファッションブランドのアシスタントを経て新潟に戻る。
技術者の消滅を目の当たりにし工場、技術を存続させたいと思う。
2016年にファッションブランドtulip(2017年からTULIP EN MENSEN)を設立。